鱈の炊き込みごはん&関谷醸造・美【今日のおつまみ】

こんにちは、ソーシャル税理士の金子(@innovator_nao)です。

スーパーで値引きされている食材でおつまみを作るのが得意です。

今日は鱈の炊き込みごはんを紹介します。

  • 作り方

【材料(2〜3人分)】

お米2合

水330-340cc(お出汁混ぜても◎)

醤油、みりん、日本酒を合わせて50-60cc(1:2:2程度?)

人参、ごぼう、こんにゃく、生姜など

お米1合に対して水分200ccが目安です。

お水と調味料のバランスは8:2〜8.5:1.5といったところでしょうか。

【手順】

まずは野菜を細切りにして水にさらします。

鱈は切り身を買ってきて、キッチンペーパーで水気を取ればOK。

お魚の炊き込みごはんの場合、臭みを抑えるために生姜を入れるのがオススメです。

お米にお水と調味料を投入して、野菜と鱈を載せます。

こんな感じ。

そして、中火で水気が吹き出す頃に弱火にして10分弱キープします。

こんな感じで、少し汁が溢れるぐらいで大丈夫です。(大きく噴きこぼれるような強さの火にはしないでください)

そして火を切ってしばらく置きます・・・

出来たー!

お茶碗によそって頂きましょう。

お好みやネギや三つ葉を載せても◎

  • 今日のお酒

関谷醸造の「美」。

甘めの味ですが、飲み口はスッキリ目のお酒です。

愛知の奥三河に蔵があるのですが、吟醸酒や純米酒がブームになる前から美味しいお酒を作り続けています。

ふぁぁぁ、と良い気分で飲めますよ🍶

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です