名鉄がダイヤ改正を発表(平成31年・2019年3月16日分)

こんにちは、鉄オタ税理士の金子です。

自称「ソーシャル税理士」なんですが、先日こんなことがありまして・・・

全国放送で「鉄オタ税理士」として配信されてしまいました・・・!

その時の様子は仕事ブログで記事にしております。

鉄オタ税理士としてAbemaPrimeに登場した話〜発信すると何があるか分からない〜

いやぁ、twitterってすごい。

さて、この勢いで(?)名鉄のダイヤ改正情報を。

今回は平成31年(2019年)3月16日にダイヤ改正が行われます。

今年のダイヤ改正の目玉はこちら。

①早朝帯の中部国際空港アクセスの利便性の向上

②深夜帯の三河線(知立~碧南間)を増発

③土休日夕間帯の快速特急・特急の輸送力増強

④西尾線 南桜井駅を「急行」停車駅に格上げ

それぞれピックアップして紹介していきます。

  • 早朝帯の中部国際空港アクセスの利便性の向上

中部国際空港(セントレア)へのアクセスですが、電車で行くには名鉄しか選択肢がありません。

しかも、特急(ミュースカイ)は全席指定なので、指定席が売り切れると乗れません。

朝の時間帯は旅行客や出張客で混雑するため、場合によっては満席になることも・・・

そこで、今回は6:00名古屋駅→中部国際空港駅6:30着の列車を4両から8両に増やす対応をすることになりました。

朝だと「早めに行こう」ということも難しいでしょうし、これは助かる人も多いのでは?

  • 深夜帯の三河線(知立~碧南間)を増発

企業城下町の刈谷を中心に、高浜など人口増加をしている三河線沿線。

23時台の列車が増発されます。仕事が遅い人や飲み会帰りなどの人には有難いですね。

参考:知立発→碧南行きの時刻表(知立駅)

旧:23時17分、43分

新:23時03分、20分、43分

  • 土休日夕間帯の快速特急・特急の輸送力増強

土日の夕方は名古屋からの買い物帰りのお客さんなどが集中して、かなり混むんです・・・

そこで、夕方の時間帯の特急の車両数を6両から8両に増やす対応が取られます。

増える列車は上下合わせて24本とのこと。

上下それぞれ1時間あたり4本の特急があるので、3時間分の特急での対応になりそうです。

  • 西尾線 南桜井駅を「急行」停車駅に格上げ

これは、南桜井駅が急行停車駅になる、というだけの話ではありません。

西尾線で準急が廃止されます!

名鉄は「快速特急」、「特急」、「快速急行」、「急行」、「準急」、「普通」といったように列車の種類が多くて初めて乗る人には分かりにくいことで有名です。

他の路線では準急は残るようですが、まずは西尾線で準急が廃止されるとのことです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です